FXの専業トレーダーになるための心構え

FXの専業トレーダーになるための心構え

FXでのトレーディングは、すべての人にあわゆる可能性を与えているようです。
例えばそれは専業トレーダーになるということも、職業としてやっていけるということもFXでの期待が高くなる理由ではないでしょうか。
毎日のように会社と自宅の往復を繰り返していると、家でできるFXトレーダーに魅力を感じるというかたも多くいるでしょう。
パソコン画面の前で、エントリーの利益確定を繰り返すだけで一ヶ月食べていけるだけの金額をあげていくことにできたのなら、それはとても有益かもしれません。
パソコン画面の前でじっとしていられないという人は向いていないかもしれませんが、夏の暑い日や台風の日、冬の寒い日などに、エアコンが効いた部屋で過ごせるのは、最近では贅沢なことかもしれません。
それでは専業トレーダーになるために、どういう努力をしていけばいいのでしょうか。
そのために必要性があることを五つにまとめてみます。
まず貯金が1年間暮らせる分だけはあるということです。
専業トレーダーになるということは、明日の暮らしもわからないようになりますから、万が一稼げない場合や、リフォームや病気などでお金が必要なときに困らないように、専業トレーダーになるためには貯金があることが前提です。
そして専業トレーダーになったときをイメージして、年間単位でどれくらい稼ぐことができるのか兼業時代にきちんと分析しておくことです。
もちろん兼業トレーダーと専業トレーダーではFXに使える時間も異なり、兼業トレーダー時代のほうが利益が少なくなっていることは多いですが、兼業トレーダー時代の年収でも食べていけるくらいの利益をあげられるようなら、専業トレーダーになる余力があるということです。
三つ目は、専業トレーダーになるとクレカなどが取れにくいので、兼業トレーダー時代にそういうものは獲得していくほうがいいでしょう。
個人事業主になるということですから、専業トレーダーになったからには責任も利益もすべて自分が支えないといけない問題になります。